LIVE goes on

主にライブの感想をブログに書いてます。便宜上敬称略で文章は書いております。

Acid Black Cherry 2012@日本武道館。

Acid Black Cherry日本武道館公演へと参加してきた。

f:id:s_hrhm:20170210190537j:plain

Acid Black Cherryがツアーを行うのは自身の復活ライブとなった"Re:birth"ツアー以来。

フリーライブやイベントの出演などは行っていたが久々のツアーともあり私自身もすごい楽しみにしていたもの。

 

今回のツアーの軸となるのはコンセプトアルバム"2012"。

会場に入ると西洋の古代遺跡のようなステージセットが広がっていた。

 

コンセプトを履修するかのように"doomsday clock"からライブは始まった。

その後もアルバム内のキラーチューン"ピストル"、"CRISIS"と次々に畳み掛け、会場内は始まったばかりにも関わらずヘッドバンギングの嵐。

 

ハードロックからプログレ、ポップスからバラード、ジャズ調の楽曲と幅広い音楽性を持つAcid Black Cherry

世界観を表現するyasuの透き通るクリーンボイスはライブでも健在。

 

一昨年に喉の手術を行って以来彼のボーカルに濁声のような掠れ要素が少し消え更に磨きがかかったように感じる。

 

大ヒット中のバラードナンバー"イエス"

この曲を披露した際には彼のボーカルに思わず胸を打たれてしまった。

感情移入し易い優しい歌声。女性がときめくのは無理ないのは容易にわかる。

 

「俺たちはビジュアル系って言い続けていく」yasu

 

彼はそう述べているが間違いなく、ビジュアル系という括りだけで話を終わらせておくのは勿体ない。 

 

"so…Good night"では会場にクラップが広がる。

タタンタンタタンタンとわかり易いクラップは今回のツアーで浸透したようだ。

 

もちろん、バラードや会場の一体感を堪能した後はハードナンバーをここぞとばかりにぶつけてくる。

 

「お前ら全員頭振れえええっ!!!」yasu

 

会場は序盤にも増してヘッドバンギングの嵐であった。

 

アンコールでは名バラード"眠り姫"をアコースティックバージョンで披露。またもyasuの透き通るボーカルを堪能することができた。

 

SHUSEのベースから始まる"その日が来るまで"の流れから

彼らが東北の地震を経験して以降作られた"シャングリラ"が披露された。

 

「シャングリラ 輝いて 奇跡の風が吹く島(ふくしま)へ」

「シャングリラ いらないよ 人の哀れみや偽善(みやぎ)」

「シャングリラ 目を閉じて 願いは空に 愛は手に(いわて)」

 

と隠されたメッセージがある。

彼がこのことに対して直接の言及をしているわけではないが、yasuなりの応援のメッセージとして物凄い思いが込められている。少なくとも私はそう思う。

 

ライブはまだまだ続き、Wアンコールで再登場し〆のナンバー"DRAGON CARNIVAL"を披露して日本武道館公演は幕を閉じた。

 

コンセプトアルバムの中身をもちろん表現しながらも復興へのメッセージをも感じるライブは

激しさだけでなく、温かみを感じることができた。

 

年末にはAcid Black Cherryの5周年記念ツアーが開催決定したが、彼らはきっとまた何かのアクションを起こすに違いない。

 

文:Shun

 

 

『2012』

『2012』