LIVE goes on

主にライブの感想をブログに書いてます。便宜上敬称略で文章は書いております。

茅原実里 2度目のSANCTUARY"日本武道館"公演

先日行われた茅原実里の10周年記念の武道館公演に行ってきた。

f:id:s_hrhm:20170217192004j:plain

茅原実里といえば涼宮ハルヒ長門有希役の声で有名。
歌唱力とルックスの良さで声優の中でもトップクラスの人気を誇る彼女の2度目の日本武道館。果たしてどのような公演になるのか。


もちろん、彼女のライブは初参加なので初めてのワクワク感も相まって開演前は割とテンション高め。

もう、中身は言うまでもなく、ベスト盤ライブであり
代表曲、鉄板曲のオンパレード。
新規にありがたい。実に。

 

声優のライブは水樹奈々に何度か参加しているがファンの声援がとにかく熱すぎる。
律儀に曲ごとにペンライトの色も変わる。そこが凄いと思う点だ。
実際スタンド席から観ているとペンライトの景色は物凄く綺麗なのだが。

 

何よりもMCで印象に残ってるのは
彼女が日本武道館という箱にとても特別な想いを抱いて公演をしているということだ。
この場所で出来る喜び、楽しさを十二分に感じた。
演者が楽しんでるライブが観ていて1番である。

 

バックバンド(通称CMB)の人たちのインスト曲も気合が十分でロック畑の私からすれば音源化して欲しいくらいのテクニカルな業を魅せつけられた。

 

インスト曲から流れで代表曲"Paradise Lost"
が披露された流れは私も周りのノリでオイ!オイ!と思わず拳が上がってしまった。

 

本編は緩急なくあっという間に進み初めて観たとは思えないくらいの充実感。
ライブ構成もさることながら、演者と武道館というフィールドに対する本気のぶつかり合いがこの充実感を生んだのだと間違いなく確信できた。

 

日本武道館は間違いなく"SANCTUARY"だ。

 

アンコールでは
開場時に配られた用紙を使い
会場全体で人文字を作るバースデーサプライズ。
人の誕生日を祝うというのは何故かこちらも幸せな気持ちになってしまうものだ。

平日だというのにWアンコールで"詩人の旅"を披露し、気づけば3時間超えの濃厚ライブ。

 

新規にわかりやすいセットリストと
アニバーサリーライブならではのど迫力演出が最高に満足できるライブであった。

 

文:Shun

 

 

SANCTUARY~Minori Chihara Best Album~

SANCTUARY~Minori Chihara Best Album~