LIVE goes on

主にライブの感想をブログに書いてます。便宜上敬称略で文章は書いております。

X JAPAN 20年ぶりの日本ツアー開始。

X JAPANがいよいよ日本を駆け巡る。

2008年の復活以来初めての本格的な日本ツアーがいよいよ幕を開けた。

f:id:s_hrhm:20170208211642j:image

「横アリハマーナ!!!!」 Toshl

平日開催ということを忘れてしまうほど開演前から横浜アリーナには多数の運命共同体が今か今かと熱気を帯びていた。12月だというのに。

開演時間15分ほど過ぎた後
世界各地でのX JAPANのライブ映像を背景にSE"Miracle"と共にYOSHIKIが現れライブが始まった。

もちろん、みせてきたのは現在進行形のX JAPAN
"WEEK END"のようなX時代からの楽曲はもちろんのこと、
"Angel"、"HERO"という楽曲も立て続けに披露した今回の公演。
クラシックとロックの融合した楽曲のクオリティは変わらずだ。最大の魅力である。
SUGIZOが加入して以来更にその要素は重厚さを増している。ソロタイムも設けられるほどだ。

世界的に見ても、ヴァイオリンとピアノを擁するロックバンドは数少ない。

また、中盤には久々にToshlのアコースティックソロタイムも設けられ往年の名曲"Say Anything"を披露した。
不安視された復活直後よりもToshlのヴォーカルは伸びやかに進化し続けている。
聴いているだけで胸が震える、奇跡の声だ。間違いなく。

"紅"はもちろん、会場が大合唱。"X"では会場が揺れるほどのジャンプ。
これぞXのライブと実感できる瞬間。

アンコールではYOSHIKIが薔薇をばら撒き会場を回った後、初っ端の定番曲"Rusty Nail"が披露され、定番の流れに少しひねりがあったところもポイントの一つだ。
最後には"ART OF LIFE"の第三楽章を披露して幕を閉じた。

f:id:s_hrhm:20170210191216j:plain

今日含め横浜は4days。まだまだツアーは続く。くれぐれも体調には気をつけて完走してほしいものだ。

文:Shun