読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIVE goes on

主にライブの感想をブログに書いてます。便宜上敬称略で文章は書いております。

欅坂46の勢いをひもといてみる。

2016年、最も勢いのあるアイドルグループといえば間違いなく欅坂46と言えるほどデビューから

破竹の勢いで坂を駆け上がる彼女達。

 

s-hrhm.hatenablog.com

 初のイベント、お見立て会の完全レポートは上をクリック。

 

結成わずか1年でシングル2枚共にオリコンランキング1位。

同じ坂道シリーズの乃木坂46のデビューシングル「ぐるぐるカーテン」はオリコン初登場2位。

彼女達は当時AKB48の公式ライバルという謳い文句で話題性をかっさらったが、

それでもデビューは2位。

そして、冠番組は2本、現在では主演ドラマが放送されている。

まさに向かう所敵なしである。 いかに欅坂46の勢いが凄いかが改めてお分りいただけるだろう。

そんな欅坂46は一体どこに魅力が隠されているのか…

 

  • 訴えかけるエゴイズム

 


欅坂46 サイレントマジョリティ

 

1stシングル「サイレントマジョリティー」で鮮烈なデビューを飾った彼女達。

タイトルのインパクトや歌詞において人々の内面を如実に表すのがなんとも秋元プロデュースのアイドルグループである。

 

「君は君らしく生きて行く自由があるんだ 大人達に支配されるな 初めから そうあきらめてしまったら 僕らは何のために生まれたのか?」

 

思春期にこの歌を聴いてしまったなら、まさにこの歌の通りに生きていきたいと勘違いを起こしてしまうのではないかと思うほどの強烈なメッセージ。

そしてこの「サイレントマジョリティー」は尾崎豊に通づるものがある。

若者の代弁者という点だ。 彼の残した歌に「卒業」という歌がある。

最後のフレーズはご存知の方も多いだろう。

 

「この支配からの 卒業 闘いからの 卒業」

 

皆が心に抱える葛藤を大声で叫ぶものは一種のカリスマとなり得る

 

時には反社会的と言われることもあるだろうが どの時代も歌というのは世相を反映する。

ジョン・レノンの「イマジン」であれ、結局は社会向けたメッセージを強く訴えたものが

歴史ではヒット曲として残っているのである。

つまりである、最初は小さな声でも皆が共感すればそれが良しとされるそれはどうなのか、

それに対抗せよと歌っているのが「サイレントマジョリティー」なのだ。

 

簡単に言えば若者よ、声を上げろと秋元康は言っているのである。

だが2作目は「世界には愛しかない」 なんなんだ。真逆ではないか...笑

 

  • 曖昧なのに引き込まれる

 

思えば乃木坂46はライバルとしてスタートしたわけで

初期のコンセプトは私立女子校のお嬢様である。

1stシングルなんてバリバリのフレンチポップスを意識している。

 


乃木坂46 『ぐるぐるカーテン』 pv

 

ところが、欅坂46はただの姉妹グループとしてスタートしてしまった。

具体的な目標もなく最初は冠番組である「欅って、書けない?」を観ていてもぎこちがない印象だった。

 

2015年の11月 一般の人たちには初のメンバーお披露目となるお見立て会なるもの

Zepp Diver Cityにて行われた。

皆がやっとグループとしての一歩を踏み出し始めた。

しかし、その後グループに衝撃が走る出来事が起こる。

 

長濱ねる(ひらがなけやき)の途中加入である。

 

最終オーディションまで行っていたが、

両親の了解を得ることができずに辞退したという経歴を持っている。

諦めきれない長濱と長濱の両親、スタッフの話し合いのもと特例として欅坂46に加入することになる。

(最終オーディションを通っていないため長濱はアンダーグループの"けやき坂"として活動することに。この"けやき坂"は後にオーディションが行われ新たに11人加わることとなる)

 

この出来事が欅坂のCDデビュー前の大きなトピックとなる。

グループのはっきりとした目標がない中に起きたこの出来事。

この曖昧さの中のインパクトが話題性と共に興味を引き立てるのである。

その直後にもゲリラ的なミニ握手会を行うなど、前持った発表というよりは拡散力がモノを言うイベントを行っている。

この時に行けずに悔しい思いをした人は次回のために欅坂の行動に目をこらすようになる。

これが曖昧なのに引き込まれるということである。掴めそうで掴めない。これが魅力の一つである。

 

 

デビューシングルは全員選抜という序列をつけたがる秋元グループの割には珍しい形態となった。

そのデビューシングルのセンターを務めたのがグループ最年少中学3年の平手友梨奈である。

これを見た時に 「あぁ、話題作りか」と思ってしまったのだ、私は。正直に。

(推している方には申し訳ないが)

 

そんな考えは「サイレントマジョリティー」が初披露されると共に見事に打ち砕かれてしまうのである。

歌いながら自分の世界に入り込み、尚且つ顔付きが15歳とは思えない表情で

パフォーマンスをしている映像を観た時に、

強烈な個性とセンターというのはなるべくしてなるものであると改めて痛感させられた。

彼女には良くも悪くもナルシシズムを感じる。

自然と明の表情、暗の表情を使い分けているために嫌らしくは感じないのがまた天性の才能ではないだろうか。

グループというのは強烈な個性を持ったセンターが必ず必要で

そのサイドには真面目な子やふんわりしている子、サバサバしている子が必要なのだが、

センターは間違いなく普通の人ではいけない。

 

一瞬で人を虜にしてしまう魅力こそがセンターに必要なのだ。

 

平手友梨奈という突如現れた革命児は

これからも更に個性と共にアイドル界を席巻する存在となることだろう。

 

  • 欅坂の未来とは

 

彼女達は話題性の割にはライブ活動はまだ多くは行っていない。

これは姉貴分の乃木坂46と同じで自前の劇場を持たないからというのも理由の一つである。

だが3月には東京国際フォーラムにてデビューカウントダウンライブを行い大盛況に収め、

夏にはTOKYO IDOL FESTIVAL 2016にも出演。間違いなく乃木坂46に追いつけ追い越せの勢いなのだ。

今回の大きな論点であるが曖昧なのに引き込まれるが彼女達の魅力の一つだ。

だからこそだが、未来なんて考えようとするのが少々アホである。

ただ、一つ言えるのはこの欅坂というバスには乗り遅れてはいけない。

アイドルは生物である。この欅坂46を見ているとそれを痛感するのである。

 

 

サイレントマジョリティー

サイレントマジョリティー

 

 

 

世界には愛しかない

世界には愛しかない

 

 

文:Shun